私たちについて

看護師長 長岐

透析室の看護師として穿刺や血液を戻す行為のほか、問診や血圧測定で透析患者の健康状態を確認するのが仕事です。短時間透析の施設からかもめクリニックに転職し、透析患者の方の元気さの違いを目の当たりに。患者会の催しにも参加して一緒に食事をしながら交流を深めています。

十分な透析と“自由食”で
肌の色が良くなり、健康的な体重に

こちらのみなとみらいに来る前に「かもめ・日立クリニック」で勤めた時に、透析患者の方たちがベッドの上で座っておしゃべりしながら和気あいあいとお菓子を食べていたのが驚きでした。長時間透析の方たちはこんなに元気でいられるのだと。透析不足だと肌の色が悪くなりがちですが、長時間透析で十分な透析をすれば顔色も良くなっていきます。そして自由食でだんだん健康的に太っていくんです。

透析中の身体のだるさがなくなって
帰ってからできることが増える

短時間透析(4時間)では長時間透析(8時間)より約半分の時間でお水を引かないといけないので、急に血圧が下がり過ぎて具合が悪くなったり、透析が終わってからも身体がだるくて暫く休まないと帰れないという方を多く見てきました。長時間透析では身体が楽になって動きやすくなるので、帰ってからも庭の手入れや旅行、家事や仕事など、これまでよりできることが増えているようです。

半個室の透析ルームでくつろげる
かもめ・みなとみらいクリニック

かもめ・みなとみらいクリニックの透析ルームは、ウッドテイストのホテルのような半個室になっています。プライバシーに配慮された空間で、周りの視線を気にせずくつろげると思います。夜間透析の方も落ち着いて眠りやすい環境です。また、施設内にはウォーターサーバーや製氷機が設置されていて自由にご利用いただけます。飲食物の制限がないのは8時間透析だからこそのメリットです。

他院のドクターも通院する
「かもめクリニック」独自の治療方針

当クリニックの治療方法は長時間透析と“自由食”なので、今まで厳しい食事制限をされていた透析患者の方たちから「どこまで食べて良いの?」と最初は戸惑う声も聞きます。そんな透析患者の方たちに金田理事長が話しかけて「しっかり食べているか」と聞いて回っています。食事制限で栄養不足気味だった方たちが、服のサイズが変わったと気にされるくらいによく食べ、筋肉がついて骨も太くなり、体力をつけて仕事や趣味など様々な活動ができる元気と明るさを取り戻されます。その成果は全国の患者会や県の患者会といったつながりでも徐々に知られてきています。また、別の医療機関で働く医師の方たちも当クリニックに透析を受けに通って来ています。「4時間透析では疲労しやすくとてもしんどいからもっと楽な透析にしたい」とか、「もっと元気な自分でいたい」と思う方がここへ来て透析を受けていますね。